新しい王の到来

 これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人も皆同様であった。(マタイによる福音書2章3節)
                   
 「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星をみたので、拝みに来たのです」。アドベントの最初のロウソクが灯り、今年も御子イエス様の降誕の日を待ち望む季節となりました。マタイ福音書は、このクリスマスの出来事を、東方から来た占星術の学者らの口を通して語らせています。占星術の学者らは、「ユダヤに新しい王が生まれる」そのしるしの星を見たとエルサレムの人々に伝えたとあります。時はローマ帝国がユダヤを実質的に支配し、傀儡の王としてイドマヤ人のヘロデをユダヤ王として立てていた、そのような時代です。ヘロデがその学者たちの言葉を聞いて不安に思ったのも無理ではありません。彼はローマ帝国という後ろ盾があって、異邦人の自分がユダヤの王として立てられたことに不満を持つイスラエルの民衆を、力によって押さえつけるほか王として生きる術を知らなかったのですから。もし「新しい王」が生まれたという話がイスラエルの民衆の間に広まったら、自分に対し日ごろから不満を募らせている人々が武器を手にいつ蜂起するか分からない。そのような恐れを彼は抱かざるを得なかったのです。

 しかしまた「エルサレムの人々も皆同様であった」と描かれています。異邦人の王の支配に決して不満を感じていないはずのないユダヤの民衆も、「新しい王」の誕生を喜びをもって迎えるよりも不安に感じたということなのです。それは、ヘロデの支配はもちろん喜ばしいことではないけれども、さしあたって自分たちの生活の安定、つつがなく平穏無事な暮らしが保障されているかぎり、急激な政変やそれに伴う混乱を誰も望んではいなかったということなのでしょう。

 私たちもまた同様ではないでしょうか?日頃、政治や社会状況に不満を持ってはいても、まだ自分の身に迫るような危機感や生活を脅かすような現実が起きないかぎりは、まあ、自分の生活の安定や家庭の中の平安さえあれば、そんな大きな変化、社会情勢がひっくり返るような急激な変化は、かえって不安を呼び起こすようなもののように感じてしまうでしょう。

 しかしクリスマスの出来事は、神の独り子であったイエス様が、すべての人の罪の赦しと死の運命からの解放を果たすために「神と等しい者であることに固執しようとは思わず」(フィリピ2:6)この世の一人の人間として、人間と同じ悩み苦しみを背負い歩まれるために現れてくださったという出来事なのです。これほどの急激な変化、天から地の底へと急降下するような変化はクリスマスの出来事以外、どのような時代にもどのような人間にも決して起こりえない、また真似ようにも真似の出来ないものではないでしょうか。この史上最大の変化、神の子が人の有様で「僕」となるために来て下さった、その愛のために自らを大きな激変の渦中へと投じられた御子の前で、私たちが固執するどんな身分も栄光も、また日常の平穏無事な安楽な生活も、空虚なものに過ぎません。むしろ「新しい王」として来られたイエス様を迎え、自分自身がもはや自分のためだけに生きない者へと変えられる時、私たちはあらゆるこの世の不安と恐れから解放され愛に生きる者となれるのです。
(2015年11月29日週報より)